フジ「バイキング」歴代最高視聴率の陰に裏番組TBS「ひるおび!」が偏向報道で大失速 - エンタメニュースちゃんねる

エンタメニュースちゃんねる ホーム » スポンサー広告 » エンタメニュース » フジ「バイキング」歴代最高視聴率の陰に裏番組TBS「ひるおび!」が偏向報道で大失速

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




フジ「バイキング」歴代最高視聴率の陰に裏番組TBS「ひるおび!」が偏向報道で大失速

フジテレビの昼の情報番組『バイキング』が好調だ。7月1週の平均視聴率が番組歴代最高の6.5%を記録し、MCの坂上忍もホクホク顔だという。

昼の時間帯は過去5年にわたり、TBSの『ひるおび!』が視聴率トップを走り続けているが、バイキングの急激な追い上げによって、視聴率が下降気味になっている。

「バイキングはタモリの『笑っていいとも!』のあとを引き継いでスタートしましたが、当初は早々に打ち切りが噂されるほど低い視聴率でした。しかし、坂上忍の歯に衣着せぬ“ご意見番トーク”がインターネットを中心に話題になり、徐々に人気が上がっていきました。最近では、松居一代や豊田真由子議員が話題になったこともあり、坂上忍がどんな発言をするのか視聴者も注目していたのでしょう。これらが大きくプラスに働いたのではないでしょうか」(芸能記者)

長きにわたる視聴率の低迷で、開局以来の危機を迎えているフジテレビだが、昼の時間帯においては息を吹き返しつつあるようだ。もっとも、フジテレビが一方的に追い上げているわけではないとの指摘もある。長らくトップだったTBSの方が深刻な不調に陥っているのだ。

「MCの恵俊彰の人当たりのよさが人気の『ひるおび!』ですが、ここ最近は番組のマンネリ化や、偏向報道ではないかという指摘がされるなど、視聴者は嫌気が差しているといわれています。先日も東京都議会選挙の結果を取り上げた際に、小池百合子都知事が就任挨拶のときに《当時の川井重勇議長から握手を拒否された》放送したことが、ネット上で《完全なるフェイクニュース》と指摘を受け、慌てて謝罪をしたばかりです。政治的な話題にはことごとく反保守系の人物ばかりを登用し、現政権の批判ばかり。コメンテーターとして気の利いた発言もなく、ただ、批判するばかりの室井佑月などは、主婦から『顔も見たくない』と呆れられているのが現状です」(テレビ誌ライター)

食レポや芸人のおふざけから脱却し、昼の12時から延々と天気予報を流すなど、独自の路線が成功した『ひるおび!』だが、過剰な偏向報道には、無党派層が多いとされる主婦たちもさすがに辟易している様子だ。

「さらに不人気を決定的にしたのが、昨年秋の番組改編時から出演している落語家の立川志らくです。ネット上では《偉そうで大嫌い!》、《落語は面白いのにコメントは最高につまらない》など酷評だらけ。落語家としては第一人者なだけに、番組としても大きな期待があったのでしょうが、ここまでは失敗だったと言わざるを得ませんね」(同・ライター)

5年間視聴率トップも、さすがに賞味期限切れか。
(https://myjitsu.jp/archives/26275)

スポンサーサイト




コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。